TOPICS

大三十日

 

今年も早いもので「大晦日」となってしまいました。

 

大晦日(おおみそか)の前日は小晦日なのですが

「こみそか」と読まず「こつごもり」と読むそうです。

「why japanese people!?]と聞こえてきそうですが

大晦日を「おおつごもり」とも読むそうなので

厚切りジェイ〇ンに怒られずに済みそうです(^^)

 

タイトルの大三十日も「おおみそか」と読みます。

 

 

大晦日の画(コタツの上には年越しそば)

 

 

旧暦では月の満ち欠けが基準であったため

月末は「月隠り(つきごもり)」にあたり

「晦」は月が隠れることを意味することから

各月の月末を「晦日(つごもり)」と呼び

12月の月末で「大晦日」となったようです。

 

 

 

 

「笑ってはいけない」が無い大晦日…

 

では皆さんよいお年をお迎えください。

CAD課 入口でした。